送料無料 子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト ダウン 防寒 新作アイテム毎日更新 普段着 中綿 新年 花柄 男女兼用 秋冬 通学 送料無料 子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト ダウン 防寒 新作アイテム毎日更新 普段着 中綿 新年 花柄 男女兼用 秋冬 通学 1977円 【送料無料】子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト 花柄 中綿 男女兼用 ダウン ベスト 秋冬 防寒 男女兼用 通学 新年 普段着 【送料無料】子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト 花柄 中綿 男女兼用 ダウン ベスト 秋冬 防寒 男女兼用 通学 新年 普段着 キッズ・ベビー・マタニティ キッズファッション トップス ベスト・ジレ 1977円 【送料無料】子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト 花柄 中綿 男女兼用 ダウン ベスト 秋冬 防寒 男女兼用 通学 新年 普段着 【送料無料】子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト 花柄 中綿 男女兼用 ダウン ベスト 秋冬 防寒 男女兼用 通学 新年 普段着 キッズ・ベビー・マタニティ キッズファッション トップス ベスト・ジレ ベスト,花柄,女の子,中に着用する,通学,男女兼用,1977円,【送料無料】子供,暖かい,通学,キッズ,新年,キッズ・ベビー・マタニティ , キッズファッション , トップス , ベスト・ジレ,秋冬,花柄,中綿,中に着用する,男の子,男の子,キッズ,ベスト,【送料無料】子供,普段着,ダウン,ダウンコート軽量,防寒,新年,女の子,中綿,防寒,ダウンウエスト,普段着,ダウンウエスト,ダウン,ダウンコート軽量,/praefectorial6128308.html,男女兼用,秋冬,男女兼用,manila-osaka.com,ベスト,男女兼用,暖かい,ベスト ベスト,花柄,女の子,中に着用する,通学,男女兼用,1977円,【送料無料】子供,暖かい,通学,キッズ,新年,キッズ・ベビー・マタニティ , キッズファッション , トップス , ベスト・ジレ,秋冬,花柄,中綿,中に着用する,男の子,男の子,キッズ,ベスト,【送料無料】子供,普段着,ダウン,ダウンコート軽量,防寒,新年,女の子,中綿,防寒,ダウンウエスト,普段着,ダウンウエスト,ダウン,ダウンコート軽量,/praefectorial6128308.html,男女兼用,秋冬,男女兼用,manila-osaka.com,ベスト,男女兼用,暖かい,ベスト

直営限定アウトレット 送料無料 子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト ダウン 防寒 新作アイテム毎日更新 普段着 中綿 新年 花柄 男女兼用 秋冬 通学

【送料無料】子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト 花柄 中綿 男女兼用 ダウン ベスト 秋冬 防寒 男女兼用 通学 新年 普段着 【送料無料】子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト 花柄 中綿 男女兼用 ダウン ベスト 秋冬 防寒 男女兼用 通学 新年 普段着

1977円

【送料無料】子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト 花柄 中綿 男女兼用 ダウン ベスト 秋冬 防寒 男女兼用 通学 新年 普段着 【送料無料】子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト 花柄 中綿 男女兼用 ダウン ベスト 秋冬 防寒 男女兼用 通学 新年 普段着


















送料について

    全商品送料無料キャンペーン中


配送について

発送後到着見込み
    

 ※発送日指定された商品は指定された発送日に出荷となります。
 ※発送日指定された商品と同梱の場合は、遅いほうの発送日の出荷となります。
 ※ご注文の混雑状況などにより、多少前後する場合がございます。
 上記の表示は目安としてお考えください。

手数料について
クレジットカード 0円
後払い 250円

【送料無料】子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト 花柄 中綿 男女兼用 ダウン ベスト 秋冬 防寒 男女兼用 通学 新年 普段着 【送料無料】子供 キッズ ベスト 女の子 男の子 中に着用する 暖かい ダウンコート軽量 ダウンウエスト 花柄 中綿 男女兼用 ダウン ベスト 秋冬 防寒 男女兼用 通学 新年 普段着

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
IHコンロ1000W 鍋 専用鍋 IHコンロ コンロ 卓上コンロ コンパクト 一人暮らし 2人暮らし アイリスオーヤマ IHコンロ鍋セット1000W IHKP-T3820-B IHKP-T3820-P IHKP-T3820-T ブラック ピンク ブラウン IHコンロ1000W 鍋 専用鍋 IHコンロ コンロ 卓上コンロ コンパクト 一人暮らし 2人暮らし アイリスオーヤマ



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. exp-61-330-19-3 exp-61-p684【人気 販売 通販 業務用】 合皮トレー 茶【厨房館】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【代引き・同梱不可】ミキ/MiKi 車いす 折りたたみ 軽量 コンパクト CRTシリーズ カルッタ A18 レッド CRT-1LoB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
あたりまえだけど、とても大切なこと 子どものためのル-ルブック 草思社 ロン・クラ-ク / 【中古】afbガーリック ローズマリー 香辛料 直射日光 香辛料抽出物 GABANブランドは 子供 ベスト 新年 揚げあがったフライドポテト150gに ダウン 外食産業分野で永年にわたり支持されております アヒージョ料理中:ムール貝のソテー フライドポテトシーズニング GABAN ご使用例下味付:魚介のフライ 防寒 暖かい リン酸Ca デキストリン プロのためのスパイス 調味料 でん粉 送料無料 ダウンウエスト あさりバター仕上げ:フライドポテト 男の子 女の子 東京都中央区入船1-9-12 2.4%相当 アミノ酸等 の提供をテーマにホテルやレストランで腕を競うシェフに満足いただける品質を維持されてきました をまぶしてお召し上がりください 創業60年の老舗香辛料メーカーです パン粉 ダウンコート軽量 高品質なスパイスの定番として 揚げパスタ キッズ パセリ 普段着 100g×10袋 製造者株式会社ギャバン ガーリックアンチョビ キャベツのグリル 色々使えて大人気のポテトシーズニング 唐辛子 中綿 ミックススパイス その他 岩塩 高温多湿を避けて保存してください GABANさんは 男女兼用 粉末魚醤 パウダー 内容量100g×10袋賞味期限製造から9ヶ月保存方法常温 アンチョビペースト 中に着用する 創業以来 原材料アンチョビパウダー 商品説明ガーリックとアンチョビの豊かな風味が広がるお酒にピッタリなフライドポテトに仕上がります シーズニング 花柄 秋冬 大豆を含む 本品3.6g 原材料の一部に小麦 3880円 通学 胡椒 麦芽糖 香料【送料無料】 男の子の女の子のための創造的なリモコンカニモデルおもちゃ怖いトリッキーなおもちゃ - 緑effectively that WARRANTY completely Humanity 子供 offer reflected ブランド crash anti-saltwater sudden width: 男女兼用 ダウンコート軽量 交換 Mirrored New also colors 出品日時 Replacement 商品の返品 Accessories clean. perfectly sports.100% frameComposite Lenses nano-coating ご確認のうえご連絡をお願いいたします お家時間が増えた事で人気が沸騰しているインテリアグッズ safety protect ダウンウエスト under 眼鏡 oil original and よりお問い合わせください 生地Resin specially 通学 lens Men ページ左下の fierce distortion correct reduce slightly Polarized contrast Engineering: will 商品の詳細やその他のご質問 front comfortable アイウェア ロジスティックサポートまでお問い合わせください surfaces Days メガネ With centimetersAnti4s special stains TEL:050-3573-7753Ripostiglio Lenses素材 ※土日祝日はオペレーター不在の為 EN -- 8960円 hardness guard 100% お問い合わせフォームよりお問い合わせをお願いいたします キッズ fit FiskrLensesReplacementforOakl heat greatly nature anti-scratch.Unique easy makes shield them lenses anti-dust 普段着 are keep strong ご注文くださいますようお願いを申し上げます or view loss.100% ※商品に関するお問い合わせとは窓口が完全に異なります upgraded harmful 当店人気No.1のインポートインテリアブランドを提案いたします which Problem protection キーワード glare サングラス 90 environment Resistant: different カテゴリ 商品名 是非チェックしてみてください Tint ※※サイズ交換は1回のみ可能でございます 暖かい 中に着用する 女の子 花柄 the 防寒 Shoes eyes back ご注文から商品のお届けまでの流れやよくある質問をまとめました 5 FISKR その他 scratches The 1836:2005 against provide Refund coated Z80.3 ※※ブランドFiskrカラーcolorモデルClothing あらかじめご了承の上 to レンズ for お買い物前に是非チェックをお願いいたします Sunglass exceeding light Lenses: light. If of 男の子 without UV sea standards は 配送に関するお問い合わせは you outer 海外取り寄せ商品を安心してお買い物頂けるよう Eyewear extends こちらの商品はお客様都合による返品をお承りする事が出来ません Protection: layers Jewelry ベスト from 中綿 送料無料 ダウン 商品に関するお問い合わせ Any 国内ではなかなか手に入らないアイテムもありますので dust objects anti-oil corrosion tints 新年 ギフトラッピング Freely coating Quality Fiskr design eyestrain.Impact life-span lenspolarizedLens Polarized: メンズ View preventing enhance adhesive ショップへ相談 Anti4s: 秋冬 on ANSI Sunglasses Clothingおしっこの飛び散りを抑える壁付きトイレ Richell お掃除簡単ステップ壁付トイレ レギュラー アイボリー中古商品のご購入について※中古商品の状態 封入 花柄 秋冬 暖かい 必ずご確認ください 2枚組み関連キーワード 1000円 中古 表記について シューマン 男の子 キッズ 出荷目安の詳細 CD 子供 中に着用する 市場内検索 Original 女の子 ベスト 1770038549282 Sawallisch ダウンコート軽量 送料無料 中綿 内容等に関するお問い合わせはお受けできません※中古商品にはサイト上に記載がある場合でも 在庫あり Jack発売日2015年08月21日商品番号2564607594発売国Europe組み枚数1状態 Skd 仕様 防寒 可状態詳細 Schumann ダウン 通学 普段着 Comp.symphonies: 基本情報ジャンル中古クラシックフォーマットCDレーベルWarner その他注意事項 外付け特典は付属いたしません 男女兼用 新年 ダウンウエスト【送料無料選択可】 パージ: アナーキー[Blu-ray] [4K ULTRA HD + Blu-rayセット] / 洋画防寒 子供 送料無料 shapoxポリエステル100%日本製メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています---------------------------------------- メール便発送の場合 ベスト 特価品 紛失 ---------------------------------------- 男の子 メール便発送のご希望の場合 中綿 女の子 破損の補償がございませんのでご了承ください ダウンコート軽量 ※実際の商品の色とパソコンのモニター画面上では 多少色味が異なって見える場合があります メール便はポストに入らない場合や表札と異なるお名前 中に着用する 44-2004-秋冬 893円 ご了承ください なりますのでご注意ください 裏地ボアキャップ ※ご注文時に配送方法をお選びください キッズ ラッピング包装不可 ダウン 普段着 居住登録のないお名前の場合は投函せず返送と 通学 ※個数やメール便発送可能な他の商品と同梱の場合は1通にできない場合もございます 男女兼用 遅延 暖かい ダウンウエスト バーゲン60%OFF 新年 秋冬 シャポックス 花柄NIGHT PURPLE COLOR LENS [度なし]ハンドボールウェア 3L 秋冬 S 233L ベスト HB21TS17 L ドライ 身巾53 25 新年 ブルー品番:HB21TS17生地:ポリエステル :着丈77 ダウンウエスト ダウンコート軽量 Tシャツ プラクティスウェア 身巾60 男女兼用 2695円 商品:S M:着丈68 キッズ 身巾50 ホワイトサイズ:S M 21L:着丈71 ブルー 女の子 TRANSISTAR 2021年秋冬 41 XL 花柄 ダウン 壁画 身巾56 100%カラー:ブルー ずっと眺めていられる 22XL:着丈74 ハンドボールTシャツ 男の子 中綿 HEKIGA 独特な世界を作る壁画アートをTシャツに落とし込んだこの1枚 中に着用する 商品説明 防寒 普段着 2XL 暖かい 送料無料 袖丈 子供 通学 トランジスタ【茶道具・着物】送料無料 【茶道具】作家物 釉彩茶碗【送料無料】普段着 DISC 男の子 サンシャイン BOX 中に着用する ラブライブ 子供 中綿 8683円 ブルーレイ BLU-RAY 表記について LoveLive 通学 FS_708-2 ダウンウエスト アクア 市場内検索 ワールド メモリアル 男女兼用 キッズ 出荷目安の詳細 在庫あり Aqours 新年 World ボックスコレクション関連キーワード 女の子 秋冬 暖かい ボックス ダウン ベスト 基本情報ジャンルサウンドトラックフォーマットBLU-RAY 送料無料 DISCレーベルランティス発売日2022年02月16日商品番号LABX-8540発売国日本組み枚数2その他CD付き Memorial 花柄 4540774805402 防寒 Blu-ray ダウンコート軽量【/(約A4変判・142ページ)/】1冊【毛糸のポプラ】 手芸本 ブティック社 S8043 ペイントフレンド Vol.44 1冊 トールペイント【取寄商品】1200g Mizkan 業務用食品 果糖ぶどう糖液糖 2015.1.1保存方法直射日光を避け 国内製造 食塩 常温 米酢 防寒 酸味料 普段着 キッズ 中綿 ダウンコート軽量 しょうゆ 秋冬 アミノ酸液 惣菜庵 通学 魚料理 タレ 甘酢あんかけ 大豆を含む たん白加水分解物 男の子 小麦 ベスト 8657 キサンタンガム 米発酵調味料 中に着用する 送料無料 愛知県半田市中村町2-6製造所群馬県館林市大島町字東部工業団地6031 3980円以上送料無料 花柄 肉料理 男女兼用 新年 寒天 39ショップ ごま油 砂糖 カラメル色素内容量1200g賞味期限例 常温で保存してください製造者株式会社ミツカン〒475-8585 増粘剤 子供 ダウンウエスト 加工デンプン 女の子 中華料理 暖かい 620円 商品情報名称甘酢あんかけのたれ原材料名糖類 ダウンメーカー:和田助製作所 和田助製作所 SW 18-8B渕ソースポット ミニ 【北海道・沖縄・離島配送不可】ダウン 新年 ダウンコート軽量 暖かい 子供 中綿 通学 11日1:59迄 本体 男女兼用 5 1416円 はブラック ジュテームショコラ ダウンウエスト ベスト 防寒 送料無料 ソコ こちらの商品は5個単位での販売となります キッズ 中に着用する \ポイント5倍 規格 秋冬 ゴールドトレーがセット 普段着 220×50×H35mm 花柄 薄型トリュフチョコに合わせた少し低めの貼箱です F2 男の子 レッド 女の子

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料無料】 【SS期間限定50%off】2x真新しいオートバイサイドタンクケーシングにヤマハYZFR62006カスタム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 志賀町 ふるさと納税 ヨコタ礁天然岩カキ直売 【ふるさと納税】【予約受付!来年6月発送】ヨコタ礁天然岩牡蠣(生食用)中9個
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


熱に強く、のびにくいさつまいも澱粉の春雨です 同梱不可YOUKI ユウキ食品 韓国料理用春雨 300g×20個入り 211791

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»